« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日 (水)

今日の話題

内臓脂肪の量が多いかどうかが、メタボかどうかの境目なんですね...この憎っき内臓脂肪..何とか簡単に取れないものかと、ついついつまんでしまいます...

今日は上司にお小言です。毎度のことながら上司ってやつは、何もわかっていないくせにいうことだけ達者なんだよな。ふう、目障りだ。

さて、このところ気になっているのがメタボ療法です。気になったものはさっそく検索、ということでパソコン使っていろいろと調べていました。それにしてもネットって便利ですね。メタボ療法に限らず調べればなんでも出てきます。メタボ療法のブログやホームページがたくさん出てきました。またこの話は後日。

メタボリック症候群を解消するには単純な話、如何に痩せるかと言うことなんです!!誰もが取り組んでは失敗するダイエット(内臓脂肪減少)を成功に導く食事療法の基本がわかります メタボリックシンドロームのための食事の工夫

|

2008年12月24日 (水)

いつもどおりメタボ療法の学習してます

メタボ対策にはやはり運動療法や食事療法が大事だと言いますね!!でも会社から帰って疲れた体で運動するのはつらいし、朝早く起きて運動するのはもっと辛いし..結局なにもやらないんだよね

こうやって毎回日記のようなものを書いていて考えるのですが、言葉を文章にするのは難しいですね。表現するのが得意じゃないほうですから文章にしようとするとけっこう苦心しています。でも普通の生活では日本語を書いていくことはほぼありませんし、頭の体操だと思ってしています。

本日のメタボ療法の学習は少しがんばって進めました。メタボ療法の学習もいいところまで終わりましたので本日はこのくらいにしようと思います。ひとたびこうやってネットを開始してしまうといつも終われないのですがさすがに食事の準備もやらないと。それにしても、メタボ療法の勉強はやりがいがあります。

メタボリックシンドロームって内臓脂肪症候群といわれています。それなのに単純におなか回りをメジャーで測るだけで内臓脂肪の量がわかるのでしょうか??正確にはCTスキャンなどを使わないとわかりませんが、多くの調査でメジャーでお腹周りを測るだけでほぼ見分けられるそうです メタボ定義と腹囲との関係

|

2008年12月21日 (日)

メタボ療法のことならおまかせ

これまでいろんなダイエット法に挑戦してきましたが、これなら続けられそうです。それは「測るだけダイエット」1日2回朝の排便後と、夕食直後に体重計に乗って体重を測り、グラフに記入するだけです。たったこれだけ何ですが、グラフを眺めていると何となくやる気になるんです

|

2008年12月19日 (金)

メタボ療法

どういうことかスーツがきついぞ。またまた太ったか?肥満に気をつけないとまずいなあ。そういえば同僚からもどうも腹が出てきているといわれる・・・。

そうそう、さっき家族とメタボ療法のことを話していたんですけど、メタボ療法って知らないの私だけでした。メタボ療法も知らんのかい、とちょっとバカにされてしまいました。むむ、今度調べておこう。

メタボ予防って我慢することが多いからどうも苦手、そんな人は多いですね(うんうん)。そんなあなたにこれはどうでしょう!!なんと酸素を吸うだけで脂肪が燃焼してくれるんです。そんな簡単メタボ対策の秘密はこちら酸素缶がメタボリック予防になる?

|

2008年12月17日 (水)

メタボ療法

意外な事を聞きました!!おなか回りが85cm以上でもメタボリック症候群で無い事もあるんです♪ なんでも血圧や、血糖値が基準を超えていないとメタボじゃないそうなんです

いや、今日は疲れてしまいました。日ごろ運動不足気味なもんで走ってきました。なまった体に激しい運動は辛いですね。ごろごろしているほうがいいですね。

さて、このところ気になっているのがメタボ療法です。気になったものはさっそく検索、ということでパソコン使っていろいろと調べていました。それにしてもネットって便利ですね。メタボ療法に限らず調べればなんでも出てきます。メタボ療法のブログやホームページがたくさん出てきました。またこの話は後日。

男性の方がメタボリック症候群になりやすいって!!男性は内臓に脂肪が貯まりやすく、女性は皮下脂肪が貯まりやすいとか(そうか~) 内臓脂肪と皮下脂肪 メタボとの深い関係

|

2008年12月14日 (日)

朗報メタボ療法

この前急に思い立って新しいダイエット法「測るだけダイエット」を始めました。毎日2回も体重を測る必要があるので少し面倒ですが、高いダイエット食品を買うことを思えば、お金がかからないのがもっとも嬉しいです

肥満タイプ別にメタボリックシンドローム対策を考えた方が効果的ですね!!バナナ型の人は脂肪は付きにくいのですが筋肉もつきにくいので、一度脂肪が付いてしまうとなかなかとれないと言う問題があります 「バナナ型」肥満のメタボ対策

|

2008年12月11日 (木)

メタボ療法について

メタボリック症候群の予防には何と言っても運動が一番ですよね!!最近気に入っているのが骨盤体操です「金スマ」に出演していたSHINOさんも実践しているとか、あんなほっそりしたウエストならメタボどころではありません...

どうも服がまたきつくなった?最近太ったかな?肥満体に注意しないといけないなあ。そういや同僚からもどうも腹が出てきているといわれる・・・。

そうそう、さっき家族とメタボ療法のことを話していたんですけど、メタボ療法って知らないの私だけでした。メタボ療法も知らんのかい、とちょっとバカにされてしまいました。むむ、今度調べておこう。

メタボ予防には自分の肥満タイプを知ることで、効果的なメタボリックシンドローム対策がしやすくなります♪人は遺伝子別に脂肪の付き方に違いが出てきます。あなたの肥満タイプを知ってメタボ予防に役立てましょう 肥満タイプを把握してメタボ対策に役立てる

|

2008年12月 3日 (水)

本日のメタボ療法の勉強の進度

メタボ対策にはやはり運動療法や食事療法が大事だと言いますね!!でも会社から帰って疲れた体で運動するのはつらいし、朝早く起きて運動するのはもっと辛いし..結局なにもやらないんだよね

こうやって毎日日記のようなものを書き綴っていて思ったりするのですが何かを書くのってなかなか厄介です。もともと言葉が苦手ですので日記を書くのに苦労します。しかしそうでもしないと文を書いていくことはまずありませんし、いい練習だと考えてやっています。

本日のメタボ療法の勉強は普段より気合を入れていきました。メタボ療法の勉強もけっこう出来ましたので今日はここで終わりにします。一度こうやってインターネットを開始してしまうとなかなか止められないのですがさすがにいろいろ家事もしないといけませんしね。それにしても、メタボ療法の学習は楽しいです。

メタボ対策には食事の工夫だけじゃなく、運動で消費エネルギーを増やすことも必要ですね!!お手軽なウォーキングやなるべく階段を使うなどの工夫でダイエット効果が上がるのです メタボリックは運動で改善できる

|

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »